Home > トランクルーム情報 > 利用頻度に応じて置き方を考える

利用頻度に応じて置き方を考える

 生活をしているとどんどん荷物が増える場合があります。荷物が増えたからと広いところに引っ越しますが、するとそこでもどんどん荷物が増えてきます。
 全ての人が当てはまるわけではないでしょうが、空間などがあるとどんどんものを買ってしまう場合があります。
 必要なものであればよいですが、必要でないものを増やすのは良くありません。もし荷物が多くなって困っているなら、広いところに引っ越す前にトランクルームの利用を考えてみましょう。
 こちらは、ものを保管するための専用のスペースです。コンテナタイプもあれば、ワンルームタイプもあります。ワンルームタイプでも、窓などはありません。
 もちろん住むことはできません。ワンルームタイプだと空調が効いているところもあるので、温度管理が必要なものも置くことが出来ます。コンテナタイプは、すぐにものを出し入れしやすいメリットがあります。


 せっかく利用するのであれば、できるだけ効率的に利用するのが良いでしょう。この時は、引越しの時のコツをうまく利用します
 引越しの時は、不要なものから荷造りします。そして必要なものはぎりぎりまで使います。同じように、収納するのも不要なものを優先的に置くようにします。
 そして不要なものからどんどん奥の方に入れていきます。不要なので、いつ使うかわかりません。奥にあって取り出しにくくても、通常の利用では困りません。
 シーズン物など、時期が来たら取り出すものは手前に置いておきます。そうすれば、奥の方はあまり動かさなくて済み、前の方は季節によって入れ替えなどができます。
 自宅には必要最低限の荷物だけを置いておけます。自宅スペースの有効活用ができます。


 よりうまく置くための活用術としては、棚を利用する方法があります。通常は空間を借りることが出来ますが、中には何もありません。
 床にはものを置くことが出来ますが、床の上の空間部分が空いた状態になる場合があります。物を積めばいいのでしょうが、そうすると下の方のものが取りにくくなります。
 一旦すべて取り出差ないといけない場合も出てきます。棚を利用すると、空間部分にも荷物が置け、下の方に入れているものも簡単に取りだすことが出来ます。
 棚に車を付けておけば、棚ごと移動することもできます。奥の方に入れている棚から取り出したいときも、簡単に前の方に持ってくることが出来ます。
 取り出した後にすぐに戻すこともできます。空間部分も隙間なく荷物を入れることが可能になります。

PAGE TOP